• ホーム
  • バイアグラと併用禁忌の薬とは?EDは治るのか?

バイアグラと併用禁忌の薬とは?EDは治るのか?

女性を背負っている男性

バイアグラと併用禁忌になっているのは、硝酸剤という狭心症の治療に使われる薬です。
ニトロ系の薬で、一緒に使うと最悪の場合、心肺停止の危険性があります。
実際、バイアグラ発売当初は薬の情報が行き渡っていなかったため、硝酸剤を使っていた人がバイアグラを使ってしまい、心肺停止に陥ったケースが報告されています。
併用禁忌となっている薬にはほかにも、慢性血栓塞栓性肺高血圧や塩酸アミオダロン製剤などが禁忌になっています。
これらの薬が併用禁忌になっている理由は、併用すると細胞内の血管を拡張させる作用があるcGMP(サイクリックグアノシン一リン酸)濃度が増加して、全身の血圧に影響を与えてしまう恐れがあるからです。
症状としては、症候性低血圧を招きます。
血圧系の薬は全てが併用禁忌になっているわけではありませんが、バイアグラを使ってEDを治療する場合には、必ず医師に現在飲んでいる薬を確認しておきましょう。

EDが治る障害かどうかということですが、自然に治ることはまずないと思っておいたほうが良いです。
体に原因がある器質性ED、心に原因がある心因性のEDのどちらにしても、放っておいて改善することはまずありません。
心の場合には心療内科などでカウンセリングを受けるなどが必要になるので時間がかかります。
一方、器質性のEDは生活習慣が問題になっている可能性もあります。
血液をドロドロにしてしまうような食生活、運動習慣、などが原因の人も多いです。
その場合には、生活習慣を改めないことには治る可能性は低いです。
心因性も器質性のEDも、どちらも補助的にバイアグラなどのED治療薬を使っていくと良いでしょう。
根本的に治したいのならば、さらに対策が必要です。